心動かされる風景

蚤の市に行く途中、感動した景色。

信州人の私は、海と地平線を見るとすごくテンションがあがります!


見渡す限りのジャガイモ畑(ベルギー、トンゲレンちかく)。
長野県にいると山に囲まれているので、こんなに開けていると
逆に開放的すぎて落ち着かなかったりして。
それにしても、ベルギーはちっちゃい国ですが、
農業の規模はすごく大きいようです。

Love!蚤の市!その2

フランス語で「蚤の市」のいい方はいくつかあって、
marches aux puces (蚤の市)vide-greniers(空っぽの屋根裏小屋)
brocantes(がらくた)  salons d’antiquaires(骨董市)などなど。

アンティークを扱う蚤の市もももちろん楽しいですが、
特に好きなのがvide-greniersとかbrocantesとよばれるもの。
こちらの楽しみと言えば、なんと言っても掘り出し物を見つける事。
自分だけの宝物や、かなり掘り出し物の食器など、
見つけた時の喜びがたまりません。


私が大好きなのはブリュッセルのジュドバル広場。
毎朝やっているので、行きやすい。
きちんと並べてあるお店もありますが、
このように段ボールに入っている所から自分で探す事が多いです。

今日はいい物ないねなんて言いながら、いろいろ探して
みつけたこちら。ベルギーの老舗陶磁器メーカーBochのミルクピッチャー。
ハンドペイントで1ユーロ也!1960年代の物かと思われます。
これが使いかけのハンドクリームと一緒に段ボールに入っているのですから
まさに宝探しです。


こちらはパリ北駅側のvide-greniers。
このおじさんがやっているフリーマーケットと言った感じ。
おじさんの持っているペリエのグラスを買いました。

パリでお薦めはヴァンヴ。きれいで見易いと思います。
こちらのサイトでも開催場所を探せますよ→
クリニャンクールなど、治安がいまいちな所もありますし、
どの蚤の市もスリも多いので気をつけて。
夫のようにひげを伸ばしてちょっと汚い感じだと(笑)狙われないか、な?

Love! 蚤の市!

先週のFM長野echoesの「女子旅、petit voyage」のコーナーに
松本の雑貨店tonicoのayaさんが出ていました。
ayaさんのパリなどでの買い付けのお話で出て来たのが蚤の市。
私も大好きなんです。

アンティークを扱うものから地域のフリーマーケットみたいなものまで
蚤の市もいろいろとあり、それぞれ見るだけでもとても楽しいです。
そしてayaさんも言っていたように、
こんな物まで売っているの?というお店もあります。

こちらはベルギーにて、めがねのつるのみのお店。
あとはマッチだけを売っているお店もありました。
そこで次ぎに行く時は『that’s Japan』みたいな柄のマッチを持って行こうと
思っていたのですが、残念ながらマッチは飛行機に持ち込めませんでした。
使いかけのハンドクリームとか、誰が買うんだろうという物もあり。
と思っていたら買っていく人がいたりして、
人間観察だけでも蚤の市は楽しいのです。

明日のechoesにもayaさん出るみたいです。楽しみ♪

出発といつもの寄り道(たび1日目)

成田へ向かう直前に準備をし、
なんとか家をでました。
当然忘れ物が沢山・・・。
こちらで飲む予定だった「ICHiEブレンド」。
当店のカフェで静かにお留守番です(涙)。

泣く子も黙る(?)マイルオタクの私。
日常生活のポイント全てをマイルに変えているため、
今回も飛行機代は無料です♪行きはルフトハンザドイツ航空。

機内食はオクトバーフェスト特別版ということでソーセージ。
ビールが機内の場合、缶が普通ですが瓶でした。さすがドイツ。
ドイツワインも美味しかった!
kinai
正直なところ、機内食は他の航空会社の方が美味しい!という印象でしたが、
シートがレカロ社製で、腰痛の私も疲れ知らずでドイツまで辿り着きました。
機内で見た「あなたは私の婿になる」も面白かったです♪

パリに行く前にいつものベルギーへ寄り道。
メゾンかなざわさんにお世話になっています。

夕飯は近くのGEORGEへ。
牡蠣等魚介類が有名なお店です。
生ガキだけでも産地やランク別に数種類。
私たちはゼーランド産の丸い牡蠣にしました。
kaki
私たちは牡蠣だけでしたが、
近くのお年寄り夫婦は牡蠣の後、お肉をたっぷり食べていました。
いつも思うのですが、日本に比べお年寄りが元気で
夫婦仲良く出かけているというのはうらやましい。
自分たちも30年、40年後もこうありたいものです。

明日はブリュッセル市内をぶらぶらし、
明後日朝、パリに向かいます。