Le nid d'Akiko〜ブルゴーニュへ〜

スミュールでフランス語を勉強していたとき、
近くの町に住む日本人の方が週に2回、
やはりフランス語を勉強に来ていました。
その方がAkikoさん。LAIGNESで ご夫婦でシャンブル・ドット
(日本の民宿やイギリスのB&Bのような宿)をされています。
フランス語の先生がとても厳しかったので
いつも二人で励まし合いながら勉強した、私にとっては戦友のような友人。
また、日本語を話す事がほとんどない環境で、
彼女に会える2日間は心から楽しみだった事もいい思い出です。

Akikoさんのお家にお邪魔するのは2回目。
こんな大きなお庭があるお家です。

このシャンブルドット、なんと夫婦お二人で改装しているのです。
以前伺った時もやっていたけれど、ちょっとずつでも自分たちでするのがフランス人。
1階入り口が大きく変わって、シックな空間になっていました。


ブルゴーニュらしいイメージでまとめて飾ってあります。

夕飯はご夫婦の手作りのブルゴーニュのお料理。
今回はŒufs en meurette (ポーチドエッグにワインを使ったソースをかけたお料理)と、
メインはご主人J-Pierreが作ってくれたお料理(名前失念)。
ワインに詳しいJ-Pierreのチョイスのワインも美味しかった♪
フランスらしく、アペリティフから夜遅くまで
同じく宿泊されていたBernardさんともご一緒に、お話をしながら夕飯を楽しみました。


朝庭を見ると、こんなカタツムリが。エスカルゴはブルゴーニュの名物。

なかなか地方は行きにくいですが、ここでしたら日本語でいろいろと相談出来ますし、
パリとは違う地方の魅力を楽しめると思います。
詳しくはホームページで。 こちら→

Akiko et J-Pierre ,Merci pour tout.
A l’annee prichaine!

ディジョン 〜ブルゴーニュへ〜

今回は久し振りにフランス語を勉強するために留学していたブルゴーニュへ。
友人夫婦がやっているChambre d’hôte(フランス版B&B)に泊まり、
近くの美しい村や、フランス語を勉強していた街で開かれる蚤の市、
料理を教えてもらっていた先生も参加している農家のマルシェなどに行ってきました。

これらはすべて車での移動が基本になるため、レンタカーを借りようと思ったのですが、
なんと最寄り駅のレンタカー屋さんは土曜日が午前中のみの営業、日曜日は休みなので
仕方なく1つ先のディジョンまで。ついでにディジョン観光を。
この日はバカンスの始まりの土曜日だったので、ものすごい人でした。

私たちも街をぶらぶらと歩いて半日程観光。
少ないですが、こんなブルゴーニュ地方独特の屋根の建物があったりします。

お昼はブルゴーニュのお料理をビストロで。
前菜はエポワスというブルゴーニュ地方のチーズのキッシュ、
そしてメインにはBoeuf Bourguignonを。

食前酒は勿論キール。ワインはブルゴーニュの赤。
これから運転の夫はお水です(笑)
デザートまでしっかり頂いて、大満足のディジョン観光でした。

旅行中数少ない晴天だった日。
この後「フランスの最も美しい村」の1つ、フラヴィニーへ向かいました。