日本人ですもの

パリに行くとビストロにも行きますが、
和食等の私としてはやはりフレンチばかりだと胃が重くなってきます。
そんな時は和食を食べに。
パリにはいくつか好きなお店があるのですが、今回は15区の魚梁瀬(やなせ)へ。
通っていた学校のすぐ近くで、家まで帰るバス停のすぐ前にあったので、
ずっと行ってみたかったお店です。


ランチのちらし寿司をいただきました。パリとは思えないお刺身の美味しさ。
アミューズはオクラのポタージュにごぼうとエシャロットの天ぷらでした。
これがついてくるところがフランス風で面白い。
そういえば以前しゃぶしゃぶを食べに行ったとき、
『前菜』とメニューにあり、フランス人の友人はトンカツを食べていました。
しゃぶしゃぶの前にトンカツ。日本人にはない発想!

もちろんビールは生中!

またパリでお気に入りの日本食屋さんが増えました♪

パリで紅茶のお店

パリの紅茶と言えばマリアージュフレールが有名ですが、
他にも素敵なお店が沢山あります。今回はGeorge Cannonへ。
卸専門だった紅茶商が開いたお店です。

ブレンドティーもフランスらしいアロマティゼされたお茶も沢山の種類があります。
そしてルイボス、中国茶、日本茶まで。
大体の好みを伝えると「これはどう?」といくつか選んで
香りを試させてもらえます。

以前行った時はスパイスの利いた紅茶とフルーツティーを買ったので、
今回はアッサムを中心としたブレンドティーとベリー系の香りの紅茶を。
フランス人はハーブ、香水など、料理やファッションなど色々な場面に
香りを上手に取り入れるのがとてもすてきだとおもうのですが、
紅茶でも同じように香りを楽しむのかもしれません。
とはいえ、このお店のは人工的な香りではないので、とても美味しいですよ。

奥にはサロンドテもあり、友人によると温かいおしぼりがでてきたり、
お手洗いもすごくきれいだったり、とても気持ちがいいそうです。
こちらも次回はぜひ行ってみようと思います。

The George Cannon
12 rue Notre-Dame des Champs (6e)

パリで楽しむアフタヌーンティー

先月、「イギリス・フランスの旅」で、
Cozy&Rosy Yumiさんと一緒にロンドンに行った際
五つ星ホテルでアフタヌーンティーを楽しみました。
そこで今回はパリでアフタヌーンティーを楽しもうと計画。
ロンドンではトラディショナルな雰囲気でしたので、
パリでは思いっきりモダンに。フィリップ・スタルクが改装を手がけた、
Le Royal Monceau Raffles Paris(ル・ロワイヤル・モンソー・ラッフルズ・パリ)へ。

高級ホテルに行く時は緊張します・・・。
フィリップ・スタルクは浅草のアサヒビールのビルを設計した方です。
そう、あの印象的なビルです。

ここを選んだ理由はなんと言っても、サンドウィッチからケーキまで、
全てがピエールエルメのものだから。

じゃじゃーん。これで二人分です。
お昼を抜いて3時間かけて挑みましたが(笑)、とても全部は食べられませんでした。
でもひとつひとつすごく美味しかった♪
サンドウィッチもツナにゆずが利いていたり、
スコーンもイスパハンやサティヌの味など、さすがエルメといった味わいでした。


カップもスタルクのデザインだそうです。
お皿の魚がカップに映るようになっています。


一人分は・・・
・飲物(ショコラショーはエルメのもの。紅茶は違います)
・サンドウィッチ5個
・スコーン3個(レーズン入り、イスパハン、サティヌ)
クロテッドクリームとコンフィチュール
・ケーキ4個
・マカロン3個
・ショコラ2個
これで1人€37。午後3時から6時までです。
平日とはいえ、予約無しでも大丈夫でした。
夏休みにパリにお出かけの方、機会があれば、ぜひ。おすすめです。
もちろん、お昼は抜いて行く事もおすすめします(笑)。

ロンドン3日目 ユーロスター

ただいま、パリに移動すべく、電車を待っています。
これからドーバー海峡をくぐり、パリへ!
ロンドンはオリンピックムード。
甥と姪に要らないと言われるであろう(笑)、オリンピックグッズをお土産に買いました。

20120607-085951.jpg

マルシェの楽しみ

今日は午後アルプス市場へ行ってきました。

伊藤まさこさんが雑誌で紹介していたからか、
松本の外れにありながら県外ナンバーの車も。
近所の方が普通にくるお店なのですが、
伊藤さんがカゴバッグで買っているとなんだかすごくお洒落に見える(笑)

冬の間は国産レモンなどもここで買っているのですが、
今日は外の花を植え替えようと、こちらも少しだけ。


普段はスーパーで食品を買う事が多いのですが、
袋に地元の農家の方の名前が書いてある野菜を
買う事ができるので、行ける時はできるだけ通っています。

パリにいた時も近くのマルシェで野菜を買っていました。
6月にイギリス・フランスにご一緒する皆様、
パリのマルシェもちょっとだけですが行けたらと思っています。

Love!蚤の市!その2

フランス語で「蚤の市」のいい方はいくつかあって、
marches aux puces (蚤の市)vide-greniers(空っぽの屋根裏小屋)
brocantes(がらくた)  salons d’antiquaires(骨董市)などなど。

アンティークを扱う蚤の市もももちろん楽しいですが、
特に好きなのがvide-greniersとかbrocantesとよばれるもの。
こちらの楽しみと言えば、なんと言っても掘り出し物を見つける事。
自分だけの宝物や、かなり掘り出し物の食器など、
見つけた時の喜びがたまりません。


私が大好きなのはブリュッセルのジュドバル広場。
毎朝やっているので、行きやすい。
きちんと並べてあるお店もありますが、
このように段ボールに入っている所から自分で探す事が多いです。

今日はいい物ないねなんて言いながら、いろいろ探して
みつけたこちら。ベルギーの老舗陶磁器メーカーBochのミルクピッチャー。
ハンドペイントで1ユーロ也!1960年代の物かと思われます。
これが使いかけのハンドクリームと一緒に段ボールに入っているのですから
まさに宝探しです。


こちらはパリ北駅側のvide-greniers。
このおじさんがやっているフリーマーケットと言った感じ。
おじさんの持っているペリエのグラスを買いました。

パリでお薦めはヴァンヴ。きれいで見易いと思います。
こちらのサイトでも開催場所を探せますよ→
クリニャンクールなど、治安がいまいちな所もありますし、
どの蚤の市もスリも多いので気をつけて。
夫のようにひげを伸ばしてちょっと汚い感じだと(笑)狙われないか、な?

Love! 蚤の市!

先週のFM長野echoesの「女子旅、petit voyage」のコーナーに
松本の雑貨店tonicoのayaさんが出ていました。
ayaさんのパリなどでの買い付けのお話で出て来たのが蚤の市。
私も大好きなんです。

アンティークを扱うものから地域のフリーマーケットみたいなものまで
蚤の市もいろいろとあり、それぞれ見るだけでもとても楽しいです。
そしてayaさんも言っていたように、
こんな物まで売っているの?というお店もあります。

こちらはベルギーにて、めがねのつるのみのお店。
あとはマッチだけを売っているお店もありました。
そこで次ぎに行く時は『that’s Japan』みたいな柄のマッチを持って行こうと
思っていたのですが、残念ながらマッチは飛行機に持ち込めませんでした。
使いかけのハンドクリームとか、誰が買うんだろうという物もあり。
と思っていたら買っていく人がいたりして、
人間観察だけでも蚤の市は楽しいのです。

明日のechoesにもayaさん出るみたいです。楽しみ♪