my England!その2『イギリス・フランスの旅』番外編

パブで美味しいビールを飲みながら友人ととりとめのない会話を楽しむ。
これがパブの醍醐味、ひいては私にとってのイギリスの楽しみだと思っています。

パブの雰囲気を楽しむという点では、
ワインやソフトドリンク、カクテルでも勿論楽しいと思いますが、
ロンドンのパブですから!歴史的にもやっぱりサイダー(リンゴの発泡酒)やビール!
特にナチュラルカーボネーションのリアルエール
パブのセラーマンのコントロールによっても味が変わる奥深い飲物!
微発泡だからといって気が抜けているわけではないし、ぬるいからこそ美味しいのです。
同じメーカーのビールでもお店によって味が違うし、パブでしか味わえない。
これがあるからこそパブ巡りはやめられないのです。

今回はロンドンで3軒、コッツウォルズと空港で各1軒行く事ができました。
そのうちロンドンの2軒は、皆さんがホテルで休んでから、
chikaさんと二人で夜な夜な出掛けたお店(笑)。
深夜女性が1人でパブに行くというのはなかなかやりにくいのですが
二人だったため行けました。ありがとう!chikaさん。

中でも美味しかったのがこちらの『THE ALBION』!
IPAのビターが利いた味わいも、ぬるいのに全く酸化していない感じも
すごく美味しかったです。

いつもパブはCAMRAという、イギリスのエールとサイダーの販売促進と
伝統的パブを守る活動をしている消費者団体が出しているガイドブック、
Good Beer Guide
』を参考に探しているのですが、
こちらのALBIONも美味しいリアルエールがあると紹介されていました。
ちなみに、以前は分厚い本だったこのガイドブック、
今はiPhoneのアプリCAMRA Good Beer Guide Mobile - Greenius Mobileになっていて、とっても便利。いい時代です。

他の4軒で感じた事ですが、以前に比べて、全般に冷えた状態で
リアルエールがサーブされる事が多かったような気がします。
ギネスも冷えた物が選べるようになったくらいですから、その流れでしょうか。
その分酸化しているビールが少なく、無難に美味しいかった。
しかし面白みにも欠けるような。
10年以上前、夫と二人で沢山飲んだ「トマトジュースみたいな酸化臭」を
懐かしく思いました。

ロンドンのパブ中心にしか行った事がないため、いつか田舎のパブに行ってみたいな。
今回コッツウォルズで行ったパブは「観光地のパブ」と言った趣だったので、
ぜひ「我が街の自慢のパブ」みたいに、地元の人が通うパブに行ってみたいです。

あ〜、ビール飲みたくなってきました。
松本にも我が街自慢の美味しいパブがあるのです。
ビールもお料理も、お店の雰囲気も素晴らしいのだ。
できるだけ早く行こうっと!明日行けるかな?

my England!その1『イギリス・フランスの旅』番外編

イギリスは15年程前に初めて行ったヨーロッパ。
それまではインド・タイ・韓国などアジアの国ばかりを旅行していたのですが、
友人が留学し、せっかくなので遊びに行ってみようと思ったのが始まりでした。
以来、未だにロンドンに暮らす悪友に会いに、
フランスやベルギーに行ったついでにしばしば出掛けています。

ロンドンに行ってする事は大体決まっていて
友人に会ってインド料理を食べに行き、紅茶を買って、最近はバラマーケット、
そしてなんと言ってもパブへ行ってリアルエールを飲む!
特に現地のサラリーマンがお昼を食べたり
仕事のあとに皆で立ち飲みをしているようなオヤジパブが大好き!

イギリス人、パブでは基本立ち飲みが多いようです。

そのため今回はyumiさんセレクトのデリでご飯を食べたり
ノッティングヒルで街並を見ながらゆっくり歩いたり、
久し振りにハロッズやリバティに行ったり、
おとぎ話に出てきそうなコッツウォルズに行ったりと、
女性らしい、yumiさんがお好きなイギリスの世界に溢れた旅行となって、
いつものイギリスとは違って、すごく新鮮でした。
Liberty入り口にて

しかし、パブ好きの魂は捨てられない(笑)。
そんなわけで隙を狙っては(?)パブへ行こうと思っておりました・・・(笑)。
(その2へ続く。)

 

コッツウォルズ 『イギリス・フランスの旅』

イギリスの田舎町、コッツウォルズへ。

ロンドンを朝8時半前にバスで出発。
羊や牛が草を食む、ヨーロッパの田舎の景色を楽しみながら向かいました。
田舎の景色は落ち着きます。ええ、田舎者ですから。

コッツウォルズはハニーストーンとか、ライムストーンと呼ばれる
石灰石を使った建物が有名。
その石の色が産地によって変わるとのガイドさんの説明通り、
なるほど村ごとに雰囲気が変わって素敵でした。


『ブロードウェイ』にて。
田舎のパブを楽しもうと思ったのですが、営業時間前だったため、
ガイドさんに教えてもらったお店のないエリアに1人でふらりと行ってみました。

ここで暮らしている方達がいるんだなぁなんて思いながら歩いていたら、
窓辺でティータイムを楽しむマダム達が。
ちゃんと暮らしている人たちがいるからこそ、
この素敵な家並みが維持されているんだと感じました。


詩人ウィリアム・モリスが英国で最も美しい村と言った『バイブリー』。
今でもこの建物で暮らしている方がいるんだそうです。

今回はいろいろな町の雰囲気を楽しむ事ができたので、
次回はぜひ、ティールームやパブでゆっくりと時間を過ごすように
できれば泊まって滞在してみたいです。


エリザベス女王の即位60 周年を記念する「ダイヤモンド・ジュビリー」だったので、
色々な所に国旗が。こんな所にも!

パリ2日目 チーズセミナー

チーズセミナー。
たくさんのプレートを楽しみました。

そろそろ帰国。
空港に向かっています。

20120609-073012.jpg