Le nid d'Akiko〜ブルゴーニュへ〜

スミュールでフランス語を勉強していたとき、
近くの町に住む日本人の方が週に2回、
やはりフランス語を勉強に来ていました。
その方がAkikoさん。LAIGNESで ご夫婦でシャンブル・ドット
(日本の民宿やイギリスのB&Bのような宿)をされています。
フランス語の先生がとても厳しかったので
いつも二人で励まし合いながら勉強した、私にとっては戦友のような友人。
また、日本語を話す事がほとんどない環境で、
彼女に会える2日間は心から楽しみだった事もいい思い出です。

Akikoさんのお家にお邪魔するのは2回目。
こんな大きなお庭があるお家です。

このシャンブルドット、なんと夫婦お二人で改装しているのです。
以前伺った時もやっていたけれど、ちょっとずつでも自分たちでするのがフランス人。
1階入り口が大きく変わって、シックな空間になっていました。


ブルゴーニュらしいイメージでまとめて飾ってあります。

夕飯はご夫婦の手作りのブルゴーニュのお料理。
今回はŒufs en meurette (ポーチドエッグにワインを使ったソースをかけたお料理)と、
メインはご主人J-Pierreが作ってくれたお料理(名前失念)。
ワインに詳しいJ-Pierreのチョイスのワインも美味しかった♪
フランスらしく、アペリティフから夜遅くまで
同じく宿泊されていたBernardさんともご一緒に、お話をしながら夕飯を楽しみました。


朝庭を見ると、こんなカタツムリが。エスカルゴはブルゴーニュの名物。

なかなか地方は行きにくいですが、ここでしたら日本語でいろいろと相談出来ますし、
パリとは違う地方の魅力を楽しめると思います。
詳しくはホームページで。 こちら→

Akiko et J-Pierre ,Merci pour tout.
A l’annee prichaine!

フランス地方の魅力〜ブルゴーニュへ〜

フランスの地方を車で走っていると、こんな景色が広がっています。

羊や牛がのんびりと草を食んでいます。
他には地平線までずっと続く森と牧草地と麦・ジャガイモ畑。
農家の方が作業している様子をほとんど見かけないのが不思議な気分。

そんな景色を見ながら向かったのはスミュール・アン・オーソワ。
5年前、フランス語を勉強するために滞在していた街です。

’07に撮った写真です。
街には写真中央の塔があり、まるで中世に迷い込んだような街。
今回はこの街で大きな蚤の市が開かれるということで行ってきました。


4時間くらい!ゆっくりといろいろなお店を見て回りました。
なかにはこんなワインも。これ、飲めるのかな?

そのあとお昼は車で1時間程のFontaines-les-séches 村へ。
フランスの家庭料理を教えてもらっていた先生もお店を出しているマルシェ。
写真を撮るのを忘れてしまったので、友人のブログで様子を楽しんで下さい。
地元の農家の方々が作ったパテや蜜蝋の石けん・マカロンなど、
いろいろな物を売っています。
そして、お昼ご飯も食べられるのですがこれが美味しかった。
前菜、メイン、チーズがセットでたしか€12だったかな。

それを食べているとき、一緒のテーブルだった地元のおじいさまとお話したのですが、
「フランスの coeur(ハート)はCampagne(田舎・地方)にこそあるんだ」と
おっしゃっていました。
豊かで美しい自然と美味しい食材、もちろんワインも。そして温かな人。
先ほどのブログが素敵なフレーズで閉められていましたが、
確かにその通りだと感じます。

フランスの地方は豊かで素晴らしく、
特にブルゴーニュは電車に乗ればパリから1時間ちょっとで行けてしまうのです。
パリとは違った魅力を、ゆったりと楽しめます♪
せっかくの円高です(笑)ぜひバカンスに!

フランスの最も美しい村〜ブルゴーニュへ〜

フランスには「フランスの最も美しい村」協会というのがあります。
厳しい選考基準を経て認定されている村が150以上あるのですが、
私が留学していた街のそばには「フラヴィニー・シュル・オズラン」がありました。
美しい村の証の看板。

ここはカエサル率いるローマ軍が陣を構えた歴史ある村。
また映画「ショコラ 」の舞台にもなったところでもあります。
留学していた時、先生に連れて行ってもらったのですが
12月で寒く暗い感じで修道院まで閉まっていたのでやや寂しく、
今回晴れた日に行ける事をとても楽しみにしていました。

村の入り口の修道院ではアニスのキャンディーが作られていて、
車を降りた瞬間、その香りが風に乗って迎えてくれます。

この村へ行く観光バスのツアーはないようです。
そのため行きにくいのですが、その分観光客が沢山いるという事がないので本当に静か。
風が木を揺らす音しかしないような、時間が止まっているような村です。

この村の中心にある教会が映画によく出て来ていたところ。
ゆっくりまわっていたら、小さい村なのに1時間以上経っていました。

この静かな村にはこんな住民達もいましたよ。
よぉ〜く見ると集合住宅!
顔をちょこんとだしています。

今回私達はレンタカーで行きましたが、私の友人のシャンブルドットでも
宿泊のオプションとしてプライベートツアーをやっていますので、
車の運転が不安な方も訪れる事ができますよ。