フランス地方の魅力〜ブルゴーニュへ〜

フランスの地方を車で走っていると、こんな景色が広がっています。

羊や牛がのんびりと草を食んでいます。
他には地平線までずっと続く森と牧草地と麦・ジャガイモ畑。
農家の方が作業している様子をほとんど見かけないのが不思議な気分。

そんな景色を見ながら向かったのはスミュール・アン・オーソワ。
5年前、フランス語を勉強するために滞在していた街です。

’07に撮った写真です。
街には写真中央の塔があり、まるで中世に迷い込んだような街。
今回はこの街で大きな蚤の市が開かれるということで行ってきました。


4時間くらい!ゆっくりといろいろなお店を見て回りました。
なかにはこんなワインも。これ、飲めるのかな?

そのあとお昼は車で1時間程のFontaines-les-séches 村へ。
フランスの家庭料理を教えてもらっていた先生もお店を出しているマルシェ。
写真を撮るのを忘れてしまったので、友人のブログで様子を楽しんで下さい。
地元の農家の方々が作ったパテや蜜蝋の石けん・マカロンなど、
いろいろな物を売っています。
そして、お昼ご飯も食べられるのですがこれが美味しかった。
前菜、メイン、チーズがセットでたしか€12だったかな。

それを食べているとき、一緒のテーブルだった地元のおじいさまとお話したのですが、
「フランスの coeur(ハート)はCampagne(田舎・地方)にこそあるんだ」と
おっしゃっていました。
豊かで美しい自然と美味しい食材、もちろんワインも。そして温かな人。
先ほどのブログが素敵なフレーズで閉められていましたが、
確かにその通りだと感じます。

フランスの地方は豊かで素晴らしく、
特にブルゴーニュは電車に乗ればパリから1時間ちょっとで行けてしまうのです。
パリとは違った魅力を、ゆったりと楽しめます♪
せっかくの円高です(笑)ぜひバカンスに!

フランスの最も美しい村〜ブルゴーニュへ〜

フランスには「フランスの最も美しい村」協会というのがあります。
厳しい選考基準を経て認定されている村が150以上あるのですが、
私が留学していた街のそばには「フラヴィニー・シュル・オズラン」がありました。
美しい村の証の看板。

ここはカエサル率いるローマ軍が陣を構えた歴史ある村。
また映画「ショコラ 」の舞台にもなったところでもあります。
留学していた時、先生に連れて行ってもらったのですが
12月で寒く暗い感じで修道院まで閉まっていたのでやや寂しく、
今回晴れた日に行ける事をとても楽しみにしていました。

村の入り口の修道院ではアニスのキャンディーが作られていて、
車を降りた瞬間、その香りが風に乗って迎えてくれます。

この村へ行く観光バスのツアーはないようです。
そのため行きにくいのですが、その分観光客が沢山いるという事がないので本当に静か。
風が木を揺らす音しかしないような、時間が止まっているような村です。

この村の中心にある教会が映画によく出て来ていたところ。
ゆっくりまわっていたら、小さい村なのに1時間以上経っていました。

この静かな村にはこんな住民達もいましたよ。
よぉ〜く見ると集合住宅!
顔をちょこんとだしています。

今回私達はレンタカーで行きましたが、私の友人のシャンブルドットでも
宿泊のオプションとしてプライベートツアーをやっていますので、
車の運転が不安な方も訪れる事ができますよ。

ディジョン 〜ブルゴーニュへ〜

今回は久し振りにフランス語を勉強するために留学していたブルゴーニュへ。
友人夫婦がやっているChambre d’hôte(フランス版B&B)に泊まり、
近くの美しい村や、フランス語を勉強していた街で開かれる蚤の市、
料理を教えてもらっていた先生も参加している農家のマルシェなどに行ってきました。

これらはすべて車での移動が基本になるため、レンタカーを借りようと思ったのですが、
なんと最寄り駅のレンタカー屋さんは土曜日が午前中のみの営業、日曜日は休みなので
仕方なく1つ先のディジョンまで。ついでにディジョン観光を。
この日はバカンスの始まりの土曜日だったので、ものすごい人でした。

私たちも街をぶらぶらと歩いて半日程観光。
少ないですが、こんなブルゴーニュ地方独特の屋根の建物があったりします。

お昼はブルゴーニュのお料理をビストロで。
前菜はエポワスというブルゴーニュ地方のチーズのキッシュ、
そしてメインにはBoeuf Bourguignonを。

食前酒は勿論キール。ワインはブルゴーニュの赤。
これから運転の夫はお水です(笑)
デザートまでしっかり頂いて、大満足のディジョン観光でした。

旅行中数少ない晴天だった日。
この後「フランスの最も美しい村」の1つ、フラヴィニーへ向かいました。

明日よりいってきます

明日よりフランスへ行って来ます。
ただいま成田に向かっています。

先月はご一緒の皆様と楽しい旅行でしたが、
今回はちゃんと研修!なのです(笑)

20120704-191248.jpg

久しぶりにフランス語を勉強しに留学していたブルゴーニュにも行ってきます。
また、新しいお店に飾る雑貨なども仕入れに蚤の市もめぐる予定。
お天気だといいな。
旅の様子はFBにもupしますので、そちらもご覧ください。

ICHiEは19日までお休みで、20日から営業となります。
メールなどのお問い合わせのお返事が遅くなる場合もございます。
ご了承下さい。
よろしくお願いいたします。

my England!その2『イギリス・フランスの旅』番外編

パブで美味しいビールを飲みながら友人ととりとめのない会話を楽しむ。
これがパブの醍醐味、ひいては私にとってのイギリスの楽しみだと思っています。

パブの雰囲気を楽しむという点では、
ワインやソフトドリンク、カクテルでも勿論楽しいと思いますが、
ロンドンのパブですから!歴史的にもやっぱりサイダー(リンゴの発泡酒)やビール!
特にナチュラルカーボネーションのリアルエール
パブのセラーマンのコントロールによっても味が変わる奥深い飲物!
微発泡だからといって気が抜けているわけではないし、ぬるいからこそ美味しいのです。
同じメーカーのビールでもお店によって味が違うし、パブでしか味わえない。
これがあるからこそパブ巡りはやめられないのです。

今回はロンドンで3軒、コッツウォルズと空港で各1軒行く事ができました。
そのうちロンドンの2軒は、皆さんがホテルで休んでから、
chikaさんと二人で夜な夜な出掛けたお店(笑)。
深夜女性が1人でパブに行くというのはなかなかやりにくいのですが
二人だったため行けました。ありがとう!chikaさん。

中でも美味しかったのがこちらの『THE ALBION』!
IPAのビターが利いた味わいも、ぬるいのに全く酸化していない感じも
すごく美味しかったです。

いつもパブはCAMRAという、イギリスのエールとサイダーの販売促進と
伝統的パブを守る活動をしている消費者団体が出しているガイドブック、
Good Beer Guide
』を参考に探しているのですが、
こちらのALBIONも美味しいリアルエールがあると紹介されていました。
ちなみに、以前は分厚い本だったこのガイドブック、
今はiPhoneのアプリCAMRA Good Beer Guide Mobile - Greenius Mobileになっていて、とっても便利。いい時代です。

他の4軒で感じた事ですが、以前に比べて、全般に冷えた状態で
リアルエールがサーブされる事が多かったような気がします。
ギネスも冷えた物が選べるようになったくらいですから、その流れでしょうか。
その分酸化しているビールが少なく、無難に美味しいかった。
しかし面白みにも欠けるような。
10年以上前、夫と二人で沢山飲んだ「トマトジュースみたいな酸化臭」を
懐かしく思いました。

ロンドンのパブ中心にしか行った事がないため、いつか田舎のパブに行ってみたいな。
今回コッツウォルズで行ったパブは「観光地のパブ」と言った趣だったので、
ぜひ「我が街の自慢のパブ」みたいに、地元の人が通うパブに行ってみたいです。

あ〜、ビール飲みたくなってきました。
松本にも我が街自慢の美味しいパブがあるのです。
ビールもお料理も、お店の雰囲気も素晴らしいのだ。
できるだけ早く行こうっと!明日行けるかな?

my England!その1『イギリス・フランスの旅』番外編

イギリスは15年程前に初めて行ったヨーロッパ。
それまではインド・タイ・韓国などアジアの国ばかりを旅行していたのですが、
友人が留学し、せっかくなので遊びに行ってみようと思ったのが始まりでした。
以来、未だにロンドンに暮らす悪友に会いに、
フランスやベルギーに行ったついでにしばしば出掛けています。

ロンドンに行ってする事は大体決まっていて
友人に会ってインド料理を食べに行き、紅茶を買って、最近はバラマーケット、
そしてなんと言ってもパブへ行ってリアルエールを飲む!
特に現地のサラリーマンがお昼を食べたり
仕事のあとに皆で立ち飲みをしているようなオヤジパブが大好き!

イギリス人、パブでは基本立ち飲みが多いようです。

そのため今回はyumiさんセレクトのデリでご飯を食べたり
ノッティングヒルで街並を見ながらゆっくり歩いたり、
久し振りにハロッズやリバティに行ったり、
おとぎ話に出てきそうなコッツウォルズに行ったりと、
女性らしい、yumiさんがお好きなイギリスの世界に溢れた旅行となって、
いつものイギリスとは違って、すごく新鮮でした。
Liberty入り口にて

しかし、パブ好きの魂は捨てられない(笑)。
そんなわけで隙を狙っては(?)パブへ行こうと思っておりました・・・(笑)。
(その2へ続く。)

 

パリにて『イギリス・フランスの旅』

ロンドンよりユーロスターに乗ってパリへ。時間は2時間半くらい。
松本から新宿へ行くよりも早く(笑)、パリに着いてしまいます。

着いた時、お天気は雨。タクシーに乗ってホテルへ向かうと、豪雨になりました(涙)。
が、ご一緒したchikaさんは「パリは私たちが来た事を泣く程歓迎しているらしい」
と、超ポジティブな発言!
そして、「そのうち今度はうれしくて晴れるに違いない」と(笑)。

なんと、エッフェル塔が見えるこちらに来た時には・・・、

本当に晴れたのです。恐るべし、chikaさんのパワー。

パリでは私のお薦めの場所をまわりつつ、
パン屋さん、ハーブのお店などなど皆さんの興味のある所もいれつつと、
大盛りのハードスケジュール。
といったわけで、私もご案内に夢中でこちらにupできるような写真はなく・・・。

でもみんなで食べたパンがすごく美味しかったり、
フォアグラがすごく美味しかったり、
チーズセミナーで・・・って食べてばっかりですが、すごく楽しかったです♪
今でも私の頭の中にはぱっと楽しかった場面が思い浮かびます。

言葉が馴染みにくい事もありますが、
パリは初めて行くとちょっと分かりにくい街かもしれません。
そんなパリを皆さんに楽しんで頂けたのであれば、
今回このような旅行ができた事を本当にうれしく思います。

ご一緒して下さった皆様、そしてCozy&Rosy Yumiさん、
本当に楽しい時間をありがとうございました。

いつかパリだけではなく、
地方を巡ってワインやシャンパーニュを楽しんだり、
「フランスの最も美しい村々」(最もと言いながら100以上もある)に行ったり、
ブルゴーニュに暮らす、ものすごくお料理上手の友人にブルゴーニュ料理を習ったり、
パリとは違う農業国フランスの魅力を味わえる旅行ができたらいいななんて思ったり

パリでもアパルトマンを借りてマルシェで買った食材を料理したり
珍しい野菜や果物を食べたりと、そんなゆっくりなツアーができたらいいなと。
蚤の市も楽しいんですよねぇ♪
またいつか、10年後か、20年後か・・・。
実現を気長にお待ち頂けるご参加希望の方、よろしければfacebookの「いいね!」を押して下さい。
開催のご連絡を出来るかもしれません(笑)。