サン・ニコラの日

12月6日はベルギーやフランスの北部ではサン(聖)ニコラの日。
サンニコラとは、諸説がありますが子供を守る聖人とされる人。
ベルギーの子供たちは一足早く12月5日の夜に
サンニコラがプレゼントを運んでくれるのだそうです。

ベルギーでよく売られているスパイスの利いたスペキュロスというクッキー。
もともとサンニコラの日に食べるものなんだとか。
シナモンやショウガの香りと黒砂糖の素朴なクッキー、
ベルギーに行くと必ず買ってくる大好きなお菓子です。

このクッキーの伝統的な型がおもしろいんです。
それがこちら。

当店の店内にある木の板。版画の板みたいなものです。
この板にクッキーの生地を詰め、形を作ります。
最近は機械で彫った型が多いですが、これは手彫り。
ベルギーの蚤の市で買った、私の宝物のひとつです。
お店のご主人の話では100年以上前のものだとか。
最近は型で抜いて作る事がおおいですが、
こんな木の板で形作ったスペキュロスも
ベルギーでは買う事ができます。

裏面は女性が鳥をつれている姿が彫ってあります。
興味のある方はお店でぜひご覧下さい。

トナカイではなく、ロバに乗ってくると言うサンニコラ。
なんだかユーモラスで、好きです(笑)。

2 thoughts on “サン・ニコラの日

  1. Akikoさん
    ありがとう!Akikoさんにかわいいと言ってもらえてちょっと自信が持てました。
    昨年パリとブリュッセルで食べまくったブッシュドノエルを思い出し(笑)、今年は自分が頑張って作ろうと思います!

コメントは停止中です。